Thursday, 15 September 2016

時にイラッとするミラノ事情 - 美術館

なんとなく時間ができて、ふらっとお出かけしようかしら〜なんて思って、ミラノの美術館情報を検索したら、、、。

なんとっ!
今日開催している美術展(特別展)が二つしかない! えええええぇぇぇぇ! 驚き!
片方は既に観てしまったし、もう片方は相方がいるときに行こうかなと思っていたのでひとりで行く気がしない。

もちろん、常設展のようなものがあるところはきちんと展示してるとは思うけど、正直なところ、宗教画とか中世の絵画にはあまりそそられないので(詳しく知らないくせにっと怒られそうだけど、好き嫌いはしょうがない)、わざわざ行く気がしない。

それにしても、なぜゆえ一気に特別展がなくなる?
20何年ぶりに開催した『トリエンナーレ』が先日終わり、そこに関わった美術館や展示室が一気に入れ替えをしているとしても、それにしても寂し過ぎやしないかい?
ただでさえ、今年は興味ある展示がないなーってところに、ガッツーンときたこの状況。8月半ばにロンドンで色んなものを観てきたせいか(実際、私が行った時期はそれほど私の好みの展示は少なかったけど)、芸術の国にしちゃ、ちょっと寂しいんじゃないのー、イタリアって思ってしまう。都市の規模ではロンドンより小さいけど、ミラノにはたくさんの美術館があるのにな。見事にハズレの日みたい。
当然、イタリアが誇る中世の絵画は有名無名問わず、あちらこちらで鑑賞できる有難い環境ではあるけれど。他のジャンルの方が好みな私には、腰が上がらない。

私の行動範囲が狭いことも相まって、なかなか刺激的な展示などに出会えない。行動範囲を広げるか、視野を広げるか。どちらもいいことなんだけど、今日、今すぐ行きたいなと思えるところが見つからなかったのは残念なのだ。

No comments:

Post a Comment