Friday, 27 January 2012

toto流21日間チャレンジ - イタリア語 14〜18日目(言い訳ですわ、これがまた)

18日以降、止まっていたイタリア語21日間チャレンジのポスト。
あれ? どーしちゃったの?って思われた方、いらっしゃったかしら〜?

半サボり、半根性(根性はちょっとでも欠けたら”サボり”に入るんじゃないかと思うけど)で一応5日間は、連続ではないけど、努力しとりました。
なぜかよく間違える”divertire(楽しませる)”という単語だとか、"piacere(好みである)"など克服しよーってがんばったりとか、テレビで頻出するけどわからないで聞き飛ばす単語を書き留めて調べたりとか、、、。消え入りそうに頭のすみっこにある「努力」という言葉を時々前面に押し出してがんばっとりました。

でもね、ここに書くのって面倒でさ。
なんでかっつーと、理由は3つ。
一つ目。テキストがイタリア語で正直わかんないことが多かった。しかも、練習問題しても答えがついてないしさ。何だか勉強した気になってるだけのようが気がしてさ。
二つ目。この1週間〜10日ほどの間、ウール物の洗濯とか伝言とか、小さなことでヘマを何度かやらかし、ちょい投げやりだったから。一度は寒い夜を30分ほど半泣きで歩いて帰ってきたこともあった。私の間違いが元で、うちに来て食事を一緒にするはずだった義母を呼べなくなって申し訳なかったり、帽子や手袋など防寒具を持たないで出てきてしまって冷えてしまったりと、心にも身体にもひゅるるる〜っと冷たい風が通り抜けてさ。しまいにゃ、戸棚の扉に頭をぶつけ流血+たんこぶ。勉強する気がしばらく失せたわ。(ちなみに、あのセーターのその後のその後を気にしている友よ、そこのあなたよあなた。あれ以降、どーにもなってないので、何かしたらお知らせするわ。)
三つ目。 いくら勉強してる部分を理解したとしても、ここに文法の説明をしなきゃいけないって思うと、そっちの勉強の方が大変でさー。

つまりは、努力と根性の子じゃないのよね、私。(←ひらきなおり)

でね、そんななか、ちょっと人にプレゼントしたいものを買いたくてイギリスのAmazonに注文する機会があったの。
イギリスのAmazonで注文して対象物品をまとめたお買い上げ額25ポンド以上になると、イタリアへの送料無料になるのね。
プレゼント用に買いたかった本では25ポンドにならないから、合わせてこちらも購入!


Italian Grammar Drills, Paola Nanni-Tate著 (McGraw Hill)
(↑こちらのリンクは日本のAmazonに飛ぶけどね)


なんかさ、やる気をなくしたらイタリア語のテキストでイタリア語を勉強するのが嫌んなっちゃってさ。問題の解答もないし。
でもこんなんじゃ、いつまで経っても「聞くだけ」のイタリア語になってしまって、わからないことは水に流してさよ〜なら〜になってしまう。これはいかん。

日本でぼちぼちとイタリア語の勉強をしてたときに、同じ出版社のこちらを買った。

The Big Green Book of ITALIAN VERBS, Katrien Maes-Christie, Ph.D. & Daniel Franklin (McGrew Hill)
 (私が買ったときにはCDなんてついてなかったけど。)

こちらがなかなか良い。頻出度の高い動詞555個の全変化形と例文が載っている。
これが良かったなという印象だったので、同じ出版社の文法ドリルを買ってみたわけ。ちゃんとドリルの解答も載ってるしさ。早速やってみた(最初は英語の名詞をイタリア語にするだけ)けど、答え合わせしたら結構赤が、、、。あぁ、やっぱり正確な答えがあるドリルって重要だわ〜。

今回はガンガン書き込んで、一冊終わったらハイ、サヨナラってするんだ〜。

ということでこちらに何を勉強したか書くのが面倒になって止まっているけど、21日間チャレンジの目標達成まであと3日。新しいドリルとともにがんばってこちらに報告するですよー。
もちろん、3日じゃドリルは終わらないので今後も続けるさっ。



そんな新しいドリル。横でネコが中表紙をガリガリっとやりやがった。

そんでね、もひとつ気付いたんだけど、この本、近々新訂版が出るみたい、、、。ちょっとフライングした気分。

No comments:

Post a Comment